ノンシリコンシャンプーとは?

 

ノンシリコンシャンプー

 

守り髪も、ノンシリコンシャンプーです。ノンシリコン=安心して使えるシャンプーと思っている人は多いでしょう。そもそもノンシリコンシャンプーってどんなシャンプーなのでしょうか?

 

 

成分表を見るとわかります

 

ノンシリコンシャンプーという言葉はかなり浸透しています。でも、実際にどんなシャンプーがノンシリコンシャンプーなのか、はっきりわかっている人は少ないかもしれません。

 

いつも使ってるシャンプーの成分表を見てみましょう。その中に、メチコン、シリカ、シロキ、シクロメチコン、ジメチコンと書かれていれば、そのシャンプーはシリコンシャンプー。これらの成分はどれも、合成化合物質です。

 

シリコンには髪の毛をコーティングする働きがあります。キューティクルで髪を守るので、髪の毛同士の摩擦が減少されます。ドライヤーなどの刺激からも守ってくれます。指ざわりの良い、つやっとした滑らかな状態を長続きさせます。

 

これだけ聞くと、シャンプーにシリコンは入っていたほうがいいように思いますよね。どころが、シリコンにはデメリットもあります。中にはシリコンが髪に合わすに、シリコンが毛穴につまりベタついたように感じることもあります。

 

そして、シャンプーは汚れを落とすために使うのに、シリコンがシャンプーに入っていると、髪がコーティングされてしまうので、肝心の汚れが落とせなくなってしまいます。

 

また、シリコンが入っていると、髪につやが出たように感じますが、実際に痛んだ髪を補修しているわけではなく、シリコンで髪を覆っている状態なのです。

 

ノンシリコンシャンプーを使うと、洗い上がりの髪がとても軽く自然な仕上がりになります。使い始めは、物足りないと感じる人もいるでしょうが、本来のさらさらとした髪が甦ってきます。

 

シャンプーに使っている成分は、頭皮から吸収されて体内に入っていきます。経皮毒という言葉もあるように、毎日使うシャンプーの成分もしっかり確かめたいですね。