正しいトリートメントの仕方

 

トリートメント,仕方

 

髪を内側から美しくするのがトリートメントです。潤い成分が入っているからと言っても、ただ使うだけではもったいない。正しいトリートメントの仕方でより潤いのある髪にしていきましょう。

 

 

シャンプーと汚れをしっかりすすぎます

 

まずは、汚れと一緒に、シャンプーもしっかりと洗い流すことが肝心です。シャンプーが残ったままでは、髪や地肌にいいことはありません。しっかりと洗い流したら、水分をよく切りましょう。その方が、トリートメントが髪の中によく浸透していきます。

 

手の平に、トリートメントを取ったら、毛先を中心になじませていきます。手の平も使って髪の毛全体に広げましょう。頭皮にはつけないように気をつけます。毛穴に詰まってしまうと、髪がベタついたりと逆効果です。3~5分ほど置いたら、しっかりとすすぎます。特に地肌にトリートメントが残らないように意識して洗い流しましょう。

 

正しいトリートメントの仕方は、たくさん付けすぎないこと。たくさん付けると効果が高まりそうですが、必要以上に付けても、効果は変わりません。

 

多くとってしまうと、地肌にトリートメントがつく確率が上がります。使用量を守って使いましょう。また、トリートメントを付けておく時間が長いほうが、効果が上がりそうですが、これも効果は変わりません。5分くらいで効果は充分期待できますよ。

 

トリートメントで髪に潤いと栄養を与えたら、ドライヤーを使って、すばやく乾かしましょう。風量が大きめのドライヤーで、一気に乾かします。

 

ドライヤーを近づけすぎると、髪が熱で痛んでしまいます。少し離してドライヤーをかけ、同じどころをずっと当てない工夫をしましょう。シャンプーとトリートメントを正しい仕方で使っても、最後にドライヤーの熱で、髪を痛めては泣くに泣けませんもんね。