正しいシャンプーの仕方

 

シャンプー,仕方

 

せっかく、良質のシャンプーを購入しても、洗い方が違っていると効果が半減することも。基本的なシャンプーの仕方を習得して輝く髪を手に入れましょう。

 

 

まずは、洗う前にひと手間を

 

髪の毛をぬらす前に、まずしっかりと髪をとかします。絡まっているところがないように、丁寧にとかしましょう。このステップを踏むことで、途中で髪が絡まってしまい、髪を傷つけることがなくなります。

 

そして、シャンプーをつける前にぬるま湯でよくすすぐことです。髪だけではなく、地肌にもきちんと水分がいくようにすすぐこと。実はシャンプーをつける前に、しっかり洗い流すことで、7割の汚れが落ちるそうです。少ない量のシャンプーでも、泡立ちがよくなります。

 

シャンプーを手に取ったら、両手の平を使ってよく泡立てます。泡立てることで汚れ落ちがよくなり、髪と髪が摩擦で傷つけあうことを防ぎます。

 

シャンプーは髪の毛だけでなく、地肌にも付けてよく洗いましょう。髪や地肌を傷つけるようにゴシゴシと洗うことはもちろん厳禁。

 

指の腹を使って優しく洗います。はえぎわ、耳の後ろ、えりあしの周りはうっかりしがちなところです。洗い残しがないように丁寧に洗います。マッサージをするつもりで洗うとより効果的です。

 

2度洗いをしたい人は、2度目に使うシャンプーの量は、始めの半分の量にしましょう。髪にスプレーなどを付けた時には、2度洗いをお勧めします。

 

 

すすぎの仕方

 

シャンプーで汚れを落とすことと同じくらい、シャンプーを洗い流すことは大切です。髪や頭皮にシャンプーが残らないようにしっかり流します。洗っている時の倍の時間を掛けるつもりですすぎましょう。

 

シャンプーが髪や頭皮に残ってしまうと、呼吸ができなくなってしまいます。特に石油から作られた合成物質の入ったシャンプーが残ってしまうと、かゆみやフケの元に。充分にすすいでシャンプーを残さないことが、ポイントです。

 

さて、髪はいつ洗うのがいいのでしょう?朝シャンを習慣にしている人もたくさんいるでしょう。朝、髪を洗うと寝癖もなくなり、気持ちよく一日が始められますよね。

 

それもよくわかるのですが、やっぱり夜に洗うほうが、髪の毛にとっては理想です。髪の毛も夜寝ている時に、修復され成長します。この時に汚れや、余分な皮脂が残っていると、髪の代謝を妨げる原因になってしまいます。

 

1日1度洗うのなら、夜が一番お勧めです。